Category: Education

Neoplazticism:チームMOLpの挑戦

Neoplazticism:1920年、新造形主義としてフランスで提唱され、1925年にはバウハウスから同名のの書籍が発行された。これは、“古い慣例や解釈の終わりを主張したもの”とされているそうだ。 100年の時を経て、新たな新造形主義に向き合おうとされている三井化学株式会社。2020-21年秋冬ミラノコレクションにて、FENDIが採用した太陽光が当たると色や柄が浮かぶ斬新なアイテム。この特殊な変化を実現させた新素材は、三井化学の「フォトクロミック」技術です。その革新を率いる“チームMOLp”の躍進から目が離せません。 今回は、“Beyond & Survive”をテーマにした展示に伺ってきました。“Design for Sustainability”は、数年前から海外の学会でも大きな柱となるテーマであり、研究でも社会実装でも欧州がこの分野では率いているように感じてしまう部分がありますが、実は日本にこそその可能性が大いに眠っているのだと実感できる展示でした。 特に気に入ったものをいくつか紹介。 15年の時を経て、トートバッグに生まれ変わるプロダクト。 フレキシブルコンテナ(フレコン)は、粉体や粒状の貨物を保管や輸送するための大型搬送用パッケージ。通常、15年ほど利用ののち、廃棄されるものですが、そのロングライフ性を活かして、アップサイクル製品へと再生されたバッグその名も“RePLAYER”。 なんと、15年後にデザイン性の高い製品を提供することのために、フレコン自体のデザインにも挑戦されているところがまたすてきです。 とにかく、軽い(一般的な塩ビと比較して40%)。修理可能で無縫製なところも、低環境負荷です。なにより気に入ったことは、この製品ひとつひとつにはシリアルナンバーがついており、トレーサビリティができる仕組みになっているところです。こういう一つひとつが信頼となり、受け継がれて使用されることの楽しみにもつながってゆくような気がします。 FASTAID-Virus Sweeper Towel 200 2室分離袋のパッケージ構造によって、使用直前に不織布に駅を浸透させるタイプのタオル。 常に液体に不織布がふれていないことによって、いつでもフレッシュで生活なタオルを瞬時につくることができると実感。大きめのサイズ間でつくられていることもおもいやりのひとつです。2年間保証なので、災害用の準備品に追加しておくのもいいなぁと思いました。 321 IDEA BOARD 社会状況や働き方改革にともない、オフィスリニューアルが多い昨今。空間の仕様の変化のみならず、音環境ということに着目して開発されたモバイル型パーテーション。 特定の周波数を低減させる機能を備えています。特殊加工のウッドボードには、メモもできたり、スペーサー連結でフレキシブルな拡張も可能。これで、さらにどこでも集中して仕事ができる?! “INDIGO” TIDER Tee 今回チームスタッフのユニフォームとなっているTシャツ。100年企業である三井化学のルーツが描かれています。そのストーリーもさることながら、着目したいのは、このパッケージの筒です。これは、繊維工場で使用されている糸を巻き付ける芯の部分です。色とりどりのデザインは、このためにデザインを加えたのではなく、本来の芯そのものに、このようなカラフルなデザインが施されていたのです。これまで破棄されていたモノをそのままのかたちで、生まれ変わらせることができる、それこそがデザインの力です。 […]

Read More

教育の未来

教育の未来について考えたいと思います。大学院の講義の中で、NOSINERの太刀川氏に教えていただいた進化思考が面白かったため、この手法を使用して、”組織”(会社)というテーマについて、歴史をたどりながら未来を考察してみたいと思います。 会社は、聖餐式のパンが始まりでした。ラテン語の com と pan から分かるように、これはパンをともにするところから「仲間」という意味であり、company は「人の集まり」 としての 意味合いです。company の会社の意味合いは、人間存在を中核においたものであり、それに対して、corporation はcorpus (体)という観念体 を立ち上げる会社観であること。 「人間の集まり」(company)としての会社観 は、人間の生物的限界として「やがて死ぬ」と いう人間の宿命的な限界をもっている。これに 対して,人間存在とは別次元の「神秘体」(corpus mysticum)を立ち上げる会社観では、会社は適 切に経営される限り「死ぬことのない存在」で あり、ゴーイング・コンサーンとなる、それが、corporationであるということなのです。 次に組織(会社)からもう少し抽象度を下げて、”ワークエンゲージメント”を中心として、周辺にあるもののつながりの全体図を作ってみました。 “work engagement”を考えるとき、最初に影響があると考えたのは、【環境】と【人】の2つの項目でした。面白いことにハードとソフトで異なるカテゴリーですが、それぞれが、相互につながりあっています。今回のつながりの図を書いてみると、【環境】と【人】それぞれの目的は、“生産性”・“幸福度”・“コミュニケーション”であるのだと改めて感じ、その先にあるものは、企業価値の向上=社会貢献度合です。 この図を書くことで個々の“work engagement” […]

Read More